育成する学校の数と質

ネットサービスが普及し、多くの人がインターネットを利用するようになった。ネット業界が拡大を続けると共に、そこで働く技術者も必要である。webエンジニアは、ネットサービスの開発に携わる技術者である。着実にwebエンジニアの数は増えつつある。しかしそれでも急激な需要増加により、エンジニア人口は不足している。そこで、必要なエンジニアをいかに早急に養成するかが、ネット業界の課題である。

ネット関連の技術の基礎を専門的に学べるのが、web学校である。数年に渡り教育施設に在籍し、ネットサービス開発のノウハウを一から学ぶことになる。専門技術者を増やすためには、指導のための施設もまた増えていく必要がある。加えて、実際の開発業務が担える人材が育成できるかも重要となる。教育施設を卒業したとしても、ネットサービス開発のため十分な実力が伴っていなければ意味がない。さらに変化が激しいネット業界の新しい技術を指導する必要がある。このことから、web技術者を育成する学校が増えるだけでなく、指導の質も重視されるている。即戦力として十分に活躍できる人材を輩出できるのが、webエンジニアを育てる学校としてはふさわしいと言えるだろう。またエンジニアを育てる施設が優秀な人材を育てられるよう、行政や業界全体の協力も欠かせない。職業訓練の補助やインターンを引き受けるなど、エンジニアを指導する施設との連携を図ることにより、実力を持った技術者の育成が進んでいくはずだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です